日本人女性における鼻の美的基準とは?

日本人女性の理想の鼻と外国人女性の鼻の美的基準を考えたことがありますでしょうか?

実は日本人女性と海外の女性と比較すると、美に関する基準が違うことに気がつきます。

当たり前ですが顔の骨格がまったく違うので、悩みも千差万別です。

日本人と外国人女性の鼻の悩み

日本人は、低い鼻にコンプレックスを抱いている人がとても多いです。

海外で購入した有名ブランドのサングラスをかけると、落ちてきてしまう。

まつげにグラスが当たってしまい、鼻が低いのかも?と悩む。

Amazonの通販でも、鼻を高くするような洗濯ばさみのようなグッズや鼻の穴の中に小さな器具を自分で入れて、鼻の穴の中から高さを出すような変わったグッズも販売されています。

日本人の鼻の悩みが想像できますね。

だから外国人モデルのように、シュッとして高い鼻が美しいと思っている女性も多いのではないでしょうか?

顔の凹凸が少ない日本人女性のメイクでは、鼻にハイライトやノーズシャドーを入れて、鼻を高く見せるような化粧をしている人も少なくありません。

鼻プロテーゼやヒアルロン酸などを入れて鼻を高く、彫りが深い顔に見せようとする女性もいます。

しかし白人女性からすると、小さくて目立たない鼻が美しいと思っている女性が多いようです。

なんと白人女性の最大のコンプレックスは高い鼻!

鼻は白人女性にはとても人気の美容整形のパーツです。

こじんまり目立たないようにする美容整形が人気だそうで、とても意外ですね!

ですから白人女性に鼻が高くて美しいという言葉は褒め言葉にならないので注意しましょう。

それでは、日本人女性においての、鼻の美的基準について紹介します。

鼻の位置

日本人女性の美鼻の基準として、まずはその形と位置が挙げられます。

鼻の形については意識していても鼻の位置までは考えてな、という方もいるのではないでしょうか。

鼻の位置も一般に美的基準になります。

美人の条件として上げられるのが、鼻と口の距離が短いところ。

鼻の下が長い場合は、実年齢よりも上に見られる傾向がありますので、日本人女性は年齢と美しさを同一視しがちのところもあるので、美しさの基準になってしまっているのかもしれません。

「眉間の幅が狭く見えると、外国人風になったりしますので意外と盲点だけどパーツとパーツの距離は美人の条件になりそうです。

顔は立体的な構造をしていることもあり、正面からの美しさだけではなく、横からの形も整える必要があります。

横顔から見る形の大きなポイントは、鼻先とアゴ先を結ぶラインです。

これはEラインとも呼ばれており、要するに鼻先とアゴ先を結んだライン上に口元が収まっているかが重要です。

ラインの角度が傾きすぎていないことが大切です。

目の幅と鼻の幅

美人顔には黄金比というのがあります。

その黄金比では、目の幅と鼻の幅が同じであることも、美人で美鼻の条件となります。

目の幅と左右それぞれの小鼻の端から端までの幅が同じか、2〜3mm程度狭くなっているのが理想の状態です。
さらに目と鼻の位置については、顔の横幅を5つに分けた際に、それぞれの間に目と鼻が収まっています。

これらの黄金比に該当していれば、美鼻と言えるかもしれません。

鼻の幅と口の幅から美鼻の条件

美鼻の条件としては鼻と口の幅も大きく関係しています。
鼻の幅が、口幅の3分の2である必要があります。
「鼻の幅がもっと狭い方がキレイに見える」という方もいるかもしれませんが、鼻があまりにも小さすぎるとその分口が大きく見えてしまいます。
反対に鼻が大きすぎてしまうと、今度は口元や唇が目立たなくなって美的センスが失われることになります。
鼻と口の幅は忘れがちですが大切な部分ですので、黄金比というだけあって、この黄金比に当てはまった人はたいていが美人さんです。
鼻の美的基準は、要するに他のパーツとのバランスが重要だということです。

美人の鼻は、鼻先も重要

美鼻の条件としては鼻先もあります。
鼻の左右にある膨らんだ部分、この2つの位置が大きなポイントです。
小鼻の下部を横に直線で伸ばした際に、鼻先が直線上や少しだけ下部にある必要があります。
そのラインが鼻先よりも上部にあると、ブタ鼻のように見えてしまいます。
ブタ鼻で悩んでいる方もいるかもしれませんが、鼻の整形手術でバランス良く調整できますので安心してください。
鼻先などちょっとしたことですが、それが美鼻の条件にもなるのが人間の顔です。
鼻先が気になる方は、美容整形クリニックなどで医師に相談してみるのもいいでしょう。
事前のカウンセリングで様々な相談に乗ってくれると思いますので、自分の悩みを打ち明けてみましょう。

美鼻のポイントは、鼻先から下唇

美鼻になるためには、鼻先から下唇についても注目しましょう。
理想は鼻先から下唇までの長さと下唇から顎までの長さが、1:1になっていることです。
鼻の下が長い方は、相手に緊張感がないような印象を与えてしまいます。
相手によりシャープな印象を与えるには、やはりそれぞれの長さが同じであることが大切です。
この場合は、鼻以外のパーツにも気をつけましょう。
鼻の大きさや形も大切ですが、そればかりに気を取られていると顔全体のバランスがおかしくなります。
顔のバランスを良くするには、鼻だけでなく、額、目、眉、顎など他のパーツも意識しなければなりません。
それらのパーツは一見すると鼻とは関係ないように思えますが、実は大きく影響しています。
それぞれが適切な位置にあり、適切な形になっていることが美鼻への近道にもなるのです。
気になる方は、自分の鼻を鏡に映して確認してみましょう。

美人の鼻は、鼻筋がスラッとホッソリまっすぐ

美人の鼻は、鼻筋がスラッとまっすぐになっていることも、美鼻の条件と言えます。
鼻筋については横から見た際に一直線になっているか、カタカナの「ノ」のように少々くぼみがあるのが理想です。

少しくぼみのある鼻筋が逆向きに膨らんでいるのが、ワシ鼻です。
ワシ鼻は老けた感じに見られます。
鼻筋についても、美容整形で改善できますので、気になる方はクリニックで相談するといいでしょう。

カウンセリングは無料というクリニックも多いです。

日本人女性の鼻に対する美的基準には様々なものがあり、海外と比べて少々異なる点が見られます。
自分の鼻が気になる方は、美容整形外科などに相談をしてみましょう。
実際に治療を受けることで美鼻になり、周囲からの目も変わるかもしれません。

ブログの関連

  1. 意外と多い鼻の悩み!鼻に関する美容整形の種類

  2. 鼻が美しく見える基準ってあるの?

  3. 鼻の整形でも切らない施術がある

  4. 実はとっても大事!鼻の美容整形に関連してくる鼻のパーツ