鼻はマッサージで小さくなる!マッサージの方法とメイクで鼻を小さく見せるポイントを徹底紹介

あなたはどんな鼻の持ち主になりたいですか。
鼻筋が通っている、鼻が小さい、高い鼻がいいなど思い描く理想が必ずあるはずです。
芸能人でもきれいな女性を思い浮かべると、鼻筋が通っていて顔の印象に合った鼻をしていると感じるはずです。
しかし、鼻は老化と共に大きく変化し、見た目の印象を悪くする可能性もあると言われています。
最近は女性だけでなく、男性も美意識が高い時代となったことで、鼻ばかりが大きくなるのは困るという人もいるでしょう。
そこで、鼻を小さくするマッサージやトレーニング、メイクで鼻を小さく見せるポイントなどをご紹介したいと思います。

あなたの鼻はどのタイプ?

鼻の形にはいろんな種類があり、そのタイプによって見た目の印象ががらりと変わります。

鼻のタイプ

  • 長い鼻
  • ワシ鼻
  • ローマ鼻
  • 大きい鼻
  • 小さい鼻
  • ギリシャ鼻
  • 低い鼻
  • ニンニク鼻
  • だんご鼻
  • ブタ鼻
  • 鼻の穴が見える
  • など

長い鼻は付け根から鼻先までが長く、「形はきれいなのに長さが気になる」と感じることがあります。
こういった鼻は実際の年齢よりも上に見えてしまうことから、年齢を重ねていくうちに老けて見えてしまう鼻です。

ワシ鼻はワシのくちばしのように鼻筋が弓の形をしていて、曲がっていて先がとがって見える鼻のことです。
魔女鼻とも呼ばれていて、いじわるに見られてしまい第一印象としてよく見られることが少ないです。

ローマ鼻は目頭と目頭の間がくぼんでいる鼻のことで、鼻筋が通っていると表現されることが多いです。

一方、大きい鼻は顔の大きさに比べて、横幅や縦の長さがボリューミーな鼻となります。
このタイプは男性的な印象を与えてしまうと言われていて、女性が大きい鼻をしていると自己主張が強いと思われていますこともあります。
こういった印象とならないためにも、第一印象をよくするために小さい鼻になるように心がけましょう。

第一印象を大きく左右するのは「鼻」

初対面で人を判断するとき、あなたは目、口、肌質どこを見ますか。
目や口、肌質などが良かったとしても、鼻の形が大きかったりするとイメージが悪く見えることってあると思います。
マスクをしている人の大半はマスクをしているときはカッコよく見えるのに、マスクを外すとイマイチな印象に変化し、ガッカリしてしまいますよね。
それは鼻のせいで、鼻の印象によって目や髪型、ファッションなどが良かったとしてもマイナスなイメージを与えてしまうこともあります。
人間は初対面で話をするとき人の目を見るのですが、次に目が行くのが鼻です。
目と同じくらい鼻のパーツに関しても注意深く観察をしているので、マイナスなイメージを与えないようにしたいのであれば、鼻をマッサージして少しでも小さくするのがおすすめです。
鼻の印象をよくすることが出来れば、口や肌質などが悪かったとしても、イメージが悪くなることはないので相手に恋愛対象として見てもらえる可能性も高くなるでしょう。

鼻を小さくするマッサージには即効性のあるものも!?

鼻を小さくするマッサージによって、理想の鼻を手に入れることが出来ます。
一般的には継続的に鼻を小さくするマッサージが有名ですが、中には即効性のあるマッサージ法もあります。
鼻を小さくするマッサージはわざわざお店に行く必要はなく、やり方さえ覚えてしまえば自宅でも簡単に鼻を小さくさせられます。

一般的に知られている鼻を小さくするマッサージ法は、鼻の両端を腹の指で抑えクルクル回すというもので、鼻の骨を刺激してシェイプアップすることで鼻を小さく出来ます。
しかし、この方法では即効性はないので、継続的に毎日続けて行う必要があります。

鼻の脂肪を取るマッサージ法

鼻が大きくなる原因には脂肪がついてしまうことによって、大きく見える場合もあります。
こういった場合は、ダイエットや脂肪を落とすことで鼻を小さくすることが出来ます。
鼻の脂肪を取るマッサージ法としては、右手の人差し指を鼻の根元に置き、左手を鼻にあてて左右に動かしていきます。
これにより、鼻のリンパの流れが良くなり、脂肪を落とす効果が期待できると言われています。
また、だんご鼻に関しては遺伝的な可能性もあるのですが、元々はスッとした鼻筋だったという場合は軟骨が変形していることから、だんご鼻になったことが考えられます。
だんご鼻を直したいという場合は、両手の人差し指で鼻の付け根を抑えるようにすると、だんご鼻を直すことが出来るでしょう。

1日5分でOK!?美容整体師が教える「小鼻縮小マッサージ法」

鼻を高くして鼻のボリュームを緩和させたい場合は、鼻の骨の部分をマッサージするのがおすすめです。
また、鼻を小さくしたいという場合は、鼻の骨の下側にアプローチするようにマッサージしましょう。
まずは鼻のちょうど中間くらいの場所にある骨のつなぎ目を探し、くぼみがある部分を見つけていきます。
くぼみがある部分を見つけられたら、その部分を人差し指または親指を使って、骨の溝を前に出すようにグリグリと斜め上に出していくマッサージを5分間行います。
これを毎日1日5分間続けることにより、1ヶ月くらいで骨が動き始めます。

横に広がった鼻に対しては道具を使って理想の形を意識させることが大切

一方、鼻先に関しては鼻筋がないため、生活習慣の癖によって横に広がってしまうこともあります。
横に広がった鼻を改善させるためには、理想の形を鼻に記憶させるためにも、シンクロなどで使用する鼻栓を使って、毎日15~20分程度はめたままにしておきましょう。
鼻栓をしているときは恥ずかしい姿を人に見られたくないと思うので、家族などがいる場合はお風呂など長時間同じ場所にいられるときに行った方が良いでしょう。
一人の場合はテレビを見ながら、料理をしながら、掃除をしながらでも鼻栓を付けられるので、自分が好きなタイミングで鼻に理想の形を記憶させましょう。
1日5分間のマッサージと併用して鼻栓をすると、より高い効果が期待できるでしょう。

マッサージだけじゃない!?トレーニングでも鼻を小さく出来る

マッサージの他にも鼻を小さくさせられる方法があります。
これは「トレーニング」で、体を動かすトレーニングとは異なり、体に負担がかかることが少ないので毎日続けられるのがポイントです。
トレーニングによって鼻を引き締めたい場合は鼻体操がおすすめです。
鼻体操では鼻をすするように鼻の穴をキュッとさせて、緩めるを繰りかえすだけの運動となります。
このトレーニングであれば手がふさがっていても手軽に出来るので、家事や育児で忙しい人にもおすすめです。
しかし、強くすすりすぎてしまうと耳なりがすることもあるので注意しましょう。
また、鼻を縮小したい場合は片方の鼻の穴を塞ぎ、鼻から息を吸って口から吐くを繰り返しましょう。
鼻筋にある骨を叩くと鼻が高くなる、擦って鼻を高くするなどいろんな方法があるので、どれが一番効果的かを調べるためにもマッサージやトレーニングを実践してみましょう。

悩みとなる大きな鼻をメイクで解消させるポイントは?

鼻の形は人それぞれなのですが、鼻で悩んでいる場合は大きな鼻、だんご鼻がコンプレックスとなることが多いです。
メイクで鼻を小さく見せたい場合、鼻の周りのシェーディングは控えましょう。
鼻の近くに影がある状態では、鼻が強調されてしまいより大きく見えてしまうこともあります。
シェーディングは鼻を高く見せるために入れるという人も多いのですが、鼻を強調してより大きく見えてしまっては意味がありません。
よって、鼻を小さく見せたい場合はコンシーラーで鼻の存在感を少なくし、赤みやくすみなどをカバーして周りの肌と一体化させるのがポイントです。
鼻の周りにくすみや毛穴の黒ずみなどがあると、影が出来てしまうので影を消すためにもコンシーラーを上手く使ったり、ハイライトで飛ばしてみましょう。
コンシーラーやハイライトで鼻の周りを明るくすることにより、スッキリとした鼻に見えるので、鼻が強調されることはなくなるでしょう。
また、鼻筋にハイライトを少し入れると鼻を高く見せられるので、鼻を小さく見せたい場合はこれらの方法で少しでも鼻を隠し高く見せられるようにしましょう。

だんご鼻を小さく見せるポイントは?

メイクでだんご鼻を小さく見せたい場合は、シェーディングとハイライトを上手く使いましょう。
シェーディングでは出来るだけ薄い色を、目のホリの部分と鼻頭の脇に入れます。

ブログの関連

  1. 毛穴の黒ずみケア!NGケアと正しいケアの仕方

  2. 鼻を高く美しく見せるメイクテクニックはコレだ!

  3. 現代に生きる女性の好きな鼻タイプも変化してきている?

  4. 低い鼻を愛らしく見せるメイクテク3つ

  5. 美しい鼻が簡単に作れる?!おすすめ矯正グッズご紹介!

  6. 鼻の穴の見え方を自力で小さくする方法