鼻を高く美しく見せるメイクテクニックはコレだ!

女性の中には、自分の低い鼻が、コンプレックスと感じている方も少なくないでしょう。
ぺちゃ鼻の改善方法は色々ありますが、もっとも手軽に良くしたいという方にオススメなのがメイクテクニックです。
ここでは、鼻を高く見せる、3つのメイクテクを紹介します。

ノーズシャドウでスッキリお鼻を高く見せる

低いお鼻を高く見せるメイクテクニックは、「ノーズシャドウ」です。
ノーズシャドウは、鼻の輪郭がハッキリするように、鼻筋に影を入れる方法です。
さまざまなメーカーで、ノーズシャドウ専用のパウダーが販売されています。

ノーズシャドウを入れる前に、先にまゆ毛を描いてくださいね。
ノーズシャドウ専用のパウダーは、左右の眉頭からサッと自然な感じで鼻の横に流し入れ、眉下にもちょっと入れるのがポイントです。

ノーズシャドウは、メイク上級者テクニックなので、慣れるまで大変かもしれません。
でも、この方法をマスターすると、すっと、スッキリしたお鼻の顔立ちになれます。

ハイライトを追加して、さらにお鼻を高く見せる

ノーズシャドウだけでなく、ハイライトをプラスするとより効果的です。
もちろん、ノーズシャドウだけでも十分に効果はありますが、ハイライトを追加することで、パッと明るく、光が当たったようになり、鼻の高さがあるように見えます。

ハイライトの入れ方は、鼻筋の中央から緩やかなラインに従って、ハイライトを入れてみましょう。
Tゾーンや目の下にもササッと追加します。
高さは、眉間の下から、鼻先の手前までに乗せるのがポイントです。
注意点は、眉間にハイライトを入れること。
あまり高い位置からハイライトを入れてしまうと、かえって鼻が低くみえてしまうという残念なことになります。
また、必ず鼻先の手前までにしてくださいね。鼻先まで入れてしまうと、鼻が長くみえます。

小鼻の色補正をして、シュッと高く見せる

ノーズシャドウとハイライトを入れる、上級者メイクテクニックが出来るようになると、かなり、見た目のペチャ鼻を改善できます。
さらに、高鼻メイクの達人になるには、小鼻にも注意を向けてみましょう。

小鼻は、赤みや黒ずみでくすんでしまうことがあり、その結果、他の部分と肌色が違って見えるようになります。
すると、小鼻の存在感が出てしまい、コンプレックスを改善できなくなる可能性があります。
小鼻はしっかりと色調整を行い、他の部分と肌色を合わせることで改善します。

色補正としてはコンシーラが便利ですが、コンシーラは液状の筆タイプでサラサラしたものを選びます。
コンシーラでしっかり色補正をすれば赤みや黒ずみを改善できて、お鼻をキレイに見せられます。薄く塗るのもポイントですよ!
そして、小鼻の影(脇)にもハイライトを入れて飛ばしましょう
ハイライトで影を飛ばせば、小鼻自体を主張することなく、キレイにみえます。
また、皮脂のテカリはハイライトによって出る光とは異なり、逆に小鼻を目立たせてしまいますので、こまめな処理が必要です。

【おまけ】アイメイクでさらに工夫してみましょう

上記3つの方法に加え、さらにアイメイクを施すことでより一層、鼻筋が際立つようになります。
様々な方法がありますが、下まぶたにアイラインを入れ、同時にアイシャドウを入れてみるのもいいでしょう。
アイメイクには、さまざまなカラーがありますが、オススメは茶系です。
茶系のカラーであればノーズシャドウとも合い、さらに効果が高まります。

以上のように、ノーズシャドウを入れたりハイライトを足したり、コンシーラを使ったりすることで、今までコンプレックスに感じていた、鼻がキレイに見えるようになります。
メイクなら簡単にできますので、お鼻の悩みがある方は、今日からいかがでしょうか?

美容医療を検討してみる

メイクである程度の見た目改善ができますが、人によっては満足できない人も出てくるでしょう。
とくに、小鼻や鼻の頭に、黒くポツポツと目立つ毛穴がある場合は、いわゆる「イチゴ鼻」といわれる状態です。
これは角栓が、酸化して黒ずんでいたりメラニンが原因だったりすることもあります。
もともとは、色の無い毛穴だったのが、空気に触れる表面の部分が酸化して、黒ずんでしまうのが原因です。
黒く見える場合は、毛穴周りにメラニンがたまっているのも考えられます。
また、皮脂が出やすい肌質の方で、小鼻の脇に赤みがある場合などは、酸化した皮脂により、肌が炎症を起こしている可能性があります。
気にして触ると、さらに炎症が大きくなるので、美容医療などの専門機関で治療してもらうのも早道です。
美容皮膚科や美容整形外科では、上記のような小鼻治療も行っていますので、ひとり一人に合った方法を提示してくれます。

まとめ

お鼻のプチ整形メイクはけっこう効果が高いのでオススメですよ。
でも、メイクナシで、いつも、確実に良くしたい方は、まずは、医師に相談してみるといいでしょう。

ブログの関連

  1. 鼻の悩みはとっても多い!美容整形でできる鼻の施術はどのような種類がある?

  2. 鼻が美しく見える基準ってあるの?

  3. 実はとっても大事!鼻の美容整形に関連してくる鼻のパーツ

  4. 低い鼻を愛らしく見せるメイクテク3つ

  5. 鼻の整形でも切らない施術がある